Roman House, ceiling of Blue Salon © Klassik Stiftung Weimar

組織構造

ワイマール古典財団は、公共基盤とする非営利組織です。財団の広報担当でもある会長によって管理されています。最高意思決定委員会は理事会であり、会長が財団法に違反しないことを前提に、財団の基本的な目的や事柄についてすべての決断を行ないます。科学諮問委員会は、理事会と部局の作業を支援し、基礎委員会に助言する。

以下の部門が直接会長に報告します:

  • 研究と教育
  • 交流、広報、マーケティング

ワイマール古典財団は、以下の5つの部門に分かれています。

  • 管理
  • 城、庭園、建物
  • 博物館
  • ゲーテとシラー資料館
  • アンナ・アマリア図書館

人事

ワイマール古典財団は、現在(2015年1月付け)384人の職員を採用しています。

  • 254人フルタイム従業員
  • 130人プロジェクト職員、研修生など

資金

Institutional budget 2015 - Income

ワイマール古典財団自身で得た利益よりも、それ以上の資金が必要な場合は、政府、テューリンゲン州とワイマール市から付与されます。融資契約に基づき一定額を受領し、追加プロジェクトのために外部資金を調達しています。