City Castle with Castle Museum

ユネスコ世界遺産

「古典主義の都ワイマール」

1998年、ユネスコ世界遺産委員会は、世界遺産に「古典主義の都ワイマール」を登録しました。記載されている資産のほとんどはワイマール古典財団に帰属しています。世界遺産にはワイマールの旧市街にある建物と、ワイマールの古典主義の文化的な時代を代表とする広々とした公園や建物があります。

それぞれのサイトは次の通りです。

ワイマール古典財団に帰属する資産はアルタリスクでマークされています。

これらの機関を世界遺産に追加することで、18世紀後半から19世紀初頭の知的主義の中心地として、ユネスコは古典的なワイマールの幕開けから公共および民間の建物や公園の芸術史に大きな意義を唱えています。

世界の記憶

2001年、ユネスコはゲーテとシラー資料館に保管されているゲーテの手書き作品全てを、世界のドキュメンタリー遺産「Memory of the World(世界の記憶)」の保存プログラムに取り入れました。