City Castle with Castle Museum

歴史

ワイマール古典財団は、 ワイマール古典基金とワイマール芸術コレクション と2003年に1月1日に合併して誕生しました。この合併により、サクセ-ワイマール-アイゼナッハ公爵に属する芸術コレクションの大部分が当財団のものとなりました。今日では、20以上の博物館、城、歴史的建造物、アナ・アマリア図書館、ゲーテとシラー資料館、いくつかの公園を管理しいます。

古典財団はルーツは19世紀後半に遡ります。1885年、ゲーテのコレクションとフラウエンプラにある家は、ゲーテの最後の孫ヴォルフガング・ヴァルター・フォン・ゲーテの遺言でグランド・ドゥーシーに遺贈されました。ゲーテの文書は、大公妃ゾフィーによって継承されました。同年、ゲーテ国立博物館とゲーテ資料館の基盤が出来ました。ゲーテ資料館は、1889年にシラーの遺産を受け取った後、ゲーテとシラー資料館と改名されました。

1918年に最後の大公デューク・ヴィルヘルム・アーネストが退位した後、皇室の芸術コレクションはワイマールの州立芸術コレクションの下に、ゲーテとシラー資料館は、当初、皇室に所有されていました。1919年の春に、ヴァルター・グロピウスが国立バウハウスをワイマールに設立し、都市の文化遺産の保存と並行して新たな文化的衝動の重要な発展を促進しました。

第二次世界大戦により、ワイマールとそのコレクション悲惨な状態の残りました。ソビエト占領下収集が行なわれ、1953年にワイマール国立古典文学研究所(NFGの設立により、様々な機関が初めて単一の機関として集結しました。コッホベルク城、ニーチェ資料館、エッタースブルク城、チューリンゲン州立図書館(旧大公、今日アンナ・アマリア図書館)、イルム河畔公園、とティーフルト城公園とベルヴェデーレ城公園とその建物もNFGの管理されるようになりました。ドイツが統一された後、これらの機関とそのコレクションは、1991年10月に新設されたワイマール古典財団に移管されました。この組織は当初、機関に所属していましたが、1994年に独立しました。

ワイマール芸術コレクション

最後の大公が去った後に残された沢山の貴重な宝物であった、ワイマール芸術コレクションは、1945年以降もゲーテとその時代のコレクションから分離されたままでした。1990年以降の数年、2003年に最終的にワイマール古典財団と合併する前に、現代芸術コレクションとバウハウスコレクションを含むワイマール芸術コレクションを再編成することが可能となりました。

和解

2003年、テューリンゲン自由州とサクセ-ワイマール-アイゼナッハの元大邸宅によって締結された友好的な和解の一環として、バイカル芸術コレクションとゲーテ・シラー資料館ブの遺産は、ワイマールとその文化遺産のために保護されることになりました。