Ceiling in Rococo Hall of Duchess Anna Amalia Library © Klassik Stiftung Weimar
Text
Map

シラーの家

歴史

フリードリッヒシラーは、1802年に自分自身と彼の家族のためにシラー通りとして今日知られている家を購入した。 それはもともと1777年に建てられたものでした。彼は購入資金を調達するためにかなりの借金をしなければなりませんでした。家族は、1826年にシラーが亡くなるまで家に住んでいました。1847年に地方自治体の財産となり、同年、ドイツで最初に一般公開されたドイツの詩人を記念した場所となりました。1945年に爆撃によって被災しましたが、1946年に再開されました。

見学

この家には、シラーが使用した本物の道具や、それに類する物が、現代のものと組み合わされて展示されています。シラーの家では、その時の嗜好や生活条件、仕事や生活、家庭の雰囲気を感じることが出来ます。1階にはホールとキッチン、および召使部屋で構成されています。展覧会のスクリーンでは、家の歴史の記録を公開しており、視聴する事によりシラーの家の日常生活の洞察を与えてくれます。リビングルームとシラーの妻シャーロットとその娘の寝室が2階にあります。これらの部屋の最も目を見張る特徴的な品は、チューリンゲン磁器製のコーヒーポット、結婚式の時にシラーの義母か贈られたカップ、茶器、家族が使っていたシャンパングラスなどです。シラーの子供たちが遊んていた小さな絵や切り抜きが、保育室に展示されています。1805年にシラーが早く亡くなるまで使用された部屋が、屋根裏部屋に別にあります。アントン・グラフによって描かれた、シラーの最も有名な肖像画のコピーが来館者を歓迎しています。隣接するサロンの壁にシラーの写真が飾られています。シラーの所有物の中でも最も印象的な物の1つは、ヨハン・ハインリッヒ・ダネッカーが彫刻したシラーの胸像です。家具のほとんどがオリジナルであり、現存している家として最も貴重で本格的な部屋です。ここは、詩人として「メシナの花嫁」と「ウイリアム・テル」を完成させた部屋でもあります。彼の最後の作品「デメトリウス」は断片的ものでした。「チューリンゲンのシラー」展覧会では、詩人としての生活とバウアーバッハ、ルドルシュタット、イェーナ、ワイマールでの活動について説明しています。

シラーの家は、シラー博物館と同じ建物内にあります。シラー博物館の詳細については、シラー博物館を参照してください。

来館者情報

住所

シラー博物館
Schillerstraße 12
99423 Weimar

開放時間

11日~328
火曜日~日曜日| 午前9時30分~午後4時

329日~1024
火曜日~日曜日| 午前9時30分~午後6時

1025日~1231
火曜日~日曜日| 午前9時30分~午後4時

料金

成人7.5ユーロ | 割引き6ユーロ | 中高生 (16歳~20歳 ) 2.5ユーロ
16歳未満は無料
音声ガイドを含む

ガイド費用(チケット代含まず)

成人3ユーロ | 割引き3ユーロ | 中高生 (16歳~20歳 ) 1ユーロ

バリアフリー申し込み

連絡先

Visitor information of Klassik Stiftung Weimar
Frauentorstraße 4
99423 Weimar
電話: +49 (0) 3643-545-400
ファックス: +49 (0) 3643-41 98 16
電子メイル: info@klassik-stiftung.de

画像ギャラリー (7 枚の画像)

画像の拡大画面やスライドショーを見るには画像をクリックしてください。