Kitchen in Goethe Museum Stützerbach © Klassik Stiftung Weimar
Text
Map

シラーの家とシラー博物館

3つの巨大な展示室があるシラー博物館は、400平方メートルあるフリードリヒ・シラーの歴史的な住宅の北側に位置しています。1988年に完成したこの博物館は、東ドイツ(GDR)体制の間に建設された数少ない新しい博物館の1つです。モダンな建築で、部分的にガラス張りのファサードと立体的な融合が施されており、旧市街の雰囲気を漂わせています。1995年から、この建物はゲーテ国立博物館の職員のオフィススペースとして使用されました。1999年に、展示室は元の状態に戻され、2006年までさまざまな一時的な展示会場として使用されました。慎重な保存を必要とするアイテムを展示し、シラー博物館の展示室の使用を容易にするために、近代的なエアコン、電気、セキュリティ技術が2008年に導入されました。今日、シラーが生涯仕事に専念していた博物館は、一時的な展示会の場として使用されています。

シラー博物館はシラーの家と同じ建物内にあります。シラーのレジデンスの詳細については、シラーの家を参照してください。

来館者情報

住所

Schiller Museum Schillerstraße 12 99423 Weimar

バリアフリー申し込み

連絡先

Visitor information of Klassik Stiftung Weimar
Frauentorstraße 4
99423 Weimar
電話: +49 (0) 3643-545-400
ファックス: +49 (0) 3643-41 98 16
電子メイル:info@klassik-stiftung.de

画像ギャラリー (7 枚の画像)

画像の拡大画面やスライドショーを見るには画像をクリックしてください。