Ceiling in Rococo Hall of Duchess Anna Amalia Library © Klassik Stiftung Weimar
Text
Map

ゲーテの庭園

歴史

おそらく16世紀の終わりに建てられた、 イルム河畔公園の中にある以前のブドウ園のコテージは、1776年にワイマールでヨハン・ヴォルフガング・ゲーテがワイマールに到着して数ヶ月後、周囲の庭園と一緒に購入した最初の家でした。ザクセン・ワイマール・アイゼナハの公爵カール・アウグストから融資を受けて購入されました。庭園は、1782年6月にフラウンプランに引っ越すまで、ゲーテの主な住居であり職場でした。彼は、枢密院、公国の最高統治機関で働き、ここから彼が委託された他の事務を行いました。ゲーテの大部分の文学作品の源がここにあり、『魔王』、『トゥーザムーン』がここで創作されました。

家を購入した後、ゲーテはそこを改装し、すぐに庭を再設計し始めました。今日でも認識できるように、彼はそれを3つの部分に分けました:裏庭の花園の斜面、日の当たる果樹園と野菜園の低い部分です。家庭で食べる果物と野菜と栽培するだけではなく社交イベントを行なうための会場としても使われていました。フラウンプランへ引っ越した後も、ゲーテはたまにここを訪れていました。彼が高齢になってからも、この庭園は再び彼が邪魔されることなく働くことができる重要な避難所になりました。1830年に、ゲーテはクラシカルな白い庭門を建て、ポンペイアンをモデルにし小石を並べました。

ゲーテの死後、庭園は、崇拝者のための巡礼の場所になり、1886年に記念館として一般に公開されるようになりました。1995/1996年に修復されて以来、インテリアはゲーテによって選ばれた色彩で再び輝きを取り戻しました。

見学

ダイニングルーム、いわゆる「Erdsälchen」と呼ばれる(小さい地空)が1階のキッチンにあり、上層階にあるゲーテの居間、研究室、寝室としての4部屋が見学出来ます。

展示されている家具は、当時の在庫の一部としてゲーテの生涯の各段階で展示されています。その中にはいくつか珍しい当時の家具も展示されています。例えば、書斎にある背もたれ台座式の机や寝室にある折りたたみベッド等です。展示されている写真、オブジェクト、写本はすべてゲーテの遺産に由来し、そこに住んでいた時代に関係している物です。彼の作品の一部が見られます。そのほとんどは庭園やその近くで描かれたものです。

来館者情報

住所

Goethe Gartenhaus
Park an der Ilm
99423 Weimar

開放時間

11日~328
火曜日から日曜日|午前10時~午後4時

329日~1024
火曜日から日曜日|午前10時~午後6時

1025日~1231
火曜日から日曜日|午前10時~午後4時

料金

成人6ユーロ|割引き4.5ユーロ|中高生(16歳~20歳 )2ユーロ
16歳未満は無料
音声ガイドを含む

連絡先

Visitor information of Klassik Stiftung Weimar
Frauentorstraße 4
99423 Weimar
電話: +49 (0) 3643-545-400
ファックス: +49 (0) 3643-41 98 16
電子メイル:info@klassik-stiftung.de

画像ギャラリー (7 枚の画像)

画像の拡大画面やスライドショーを見るには画像をクリックしてください。