Roman House, ceiling of Blue Salon © Klassik Stiftung Weimar

我々について

ワイマール古典財団は、独特な文化記念機関です。20以上の博物館宮殿歴史的な家公園と同様に文学と芸術のコレクションを管理した、ドイツで最大かつ最も重要な文化的な機関の一つです。古典財団の11個の不動産が、ユネスコの世界遺産に「古典主義の都ワイマール」として登録されています。毎年、70万人の方が、当財団の機関を訪れています。

2008年に策定されたマスタープラン「Cosmos Weimar」で、訪問者のために財団は、ワイマール周辺のすばらしい博物館の景観を切り開く先見的なコンセプトを作りだしました。最も重要な役割は、クラッシク財団の中心となる都市宮殿の建設と新しいバウハウス博物館の建設です。

役割り

財団の仕事は、ワイマール古典主義の時代と、19世紀の芸術と文化、フランツ・リストフリードリヒ・ニーチェヘンリー・ファン・デ・ヴェルデバウハウスとの近代性に及ぼす影響に焦点を当てています。当財団は、現代の芸術と科学とのギャップを埋めることにより、これらの伝統の精神に沿って問題の議論の範囲を作り出すことを目指しています。

献身的な文化財を持つ財団の目標は、文化、科学、学習の中心地となり、ドイツ国内外でマークを残すことです。

当財団の役割りには以下のようなものがあります:

  • 保全、目録の作成、索引付け、研究および文書化と編集
  • 公園、記念碑、歴史的な建築物のメンテナンス
  • 展示、購入、博物館のコレクションの補充
  • 展示会やイベントの企画、実施
  • 国内外の研究サポート