Kitchen in Goethe Museum Stützerbach © Klassik Stiftung Weimar
Text
Map

ティーフルト城と庭園

歴史

1765年に大公御料地として建てられ、1776年からフレデリック・フェルディナント・コンスタンティン王子(サクセン・ ワイマール・アイゼナハのカール・アウグスト公爵の弟)の邸宅として使用されました。邸宅をカントリー宮殿に拡張した後、彼と彼の家庭教師カール・ルートヴィヒ・フォン・リンジークネーベルは、英国風の美しい庭園を設計しました。最初の公園には、蛇行する道の上に建築物と座席が設置され、さまざまな種類の植物が栽培されました。1781年にコンスタンティンがワイマールに出発した後、アンナ・アマリア公爵夫人は夏の住居をティーフルトに移し、庭園を段階的に発展させ続けました。これらの発展には、レオポルド記念碑、若くして死亡したコンスタンチンの墓碑、モーツァルト記念碑、ヘルダーの石碑、ムーサの神殿と茶室もありました。この間、ティーフルトはワイマールの宮廷とその客の社交の中心になりました。ここでリサイタルや文学の夕べ、小さな新聞(ティーフルト日報)など陽気な社交を展開しました。しかし、ティーフルトは、1806年にフランス軍によって邸宅が略奪され、1807年にアナ・アマリア大公妃が崩御してから静まり返ってしまいました。ティーフルトは、1846年から1850年に、ワイマール宮廷の庭師エドゥアルド・ペッツォールドによって行われた公園の広大な改装と再設計が行われ元の栄光のある姿を取り戻しました。この時期に、公園の景観を定義する多くの木々が植え付けられました。ティーフルト城と庭園は、1998年にユネスコ世界遺産に登録されました。

見学

アートワークの多くは、1788年から1790年の間にアンナ・アマリアがイタリア旅行した時の記念であり、ヨハン・ゲオルグ・シュッツが公爵夫人とその旅行仲間とローマのアーティスト達を含めた絵をヴィラ・デステの庭で水彩画を描きました。施設の芸術のハイライトとして、宮廷の彫刻家ゴットリーブ・マーティン・クラウアーの半身像の彫刻、中国、マイセン、コペンハーゲン、フュルステンベルク、ウィーンの陶器があります。見学者は、中庭からコールドキッチンの様々な調理器具を見る事が出来ます。陶磁器、蝋、紙製で作られてた歴史的な陳列皿は、公爵家から来たものであり、非常にリアルに見えます。

ティーフルト庭園はイルム川の両サイドの21ヘクタールの面積を占めています。のなだらかな傾斜面ある美しい林が川辺まで伸びています。急斜面は深い森林で覆われています。数々の記念碑や庭園の建設が、見学者を魅了します。

来場者情報

住所

ティーフルト城と庭園
Hauptstraße 14
99425 Weimar-Tiefurt

開放時間

3月29日~10月24
火曜日から日曜日 | 午前10時~午後6時

料金

成人6ユーロ|割引き4.5ユーロ| 中高生 (16歳~20歳 )2ユーロ
16歳未満は無料
音声ガイドを含む

ハンディーキャップ情報

バリアフリーの申し込み

連絡先

Visitor information of Klassik Stiftung Weimar
Frauentorstraße 4
99423 Weimar
電話: +49 (0) 3643-545-400
ファックス: +49 (0) 3643-41 98 16
電子メイル: info@klassik-stiftung.de

画像ギャラリー (15 枚の画像)

画像の拡大画面やスライドショーを見るには画像をクリックしてください。