neues Bauhaus-Museum Weimar
Text
Map

ワイマールの新しいバウハウス博物館

ワイマール古典財団は、州立バウハウスの背景と歴史、その深遠な影響を受けた貴重なを受け継ぎ、1919年にワイマールに建立されました。今日のコレクションは、20世紀のデザインと芸術の最も重要な学校の芸術から集められた1万点の作品を備えています。コレクションの規模と品質は、世界でこの部類の最も重要な収蔵コレクションの一つで、ベルリンのバウハウス資料館に次ぐものです。

2008年の特別な投資プログラムの開始により、ドイツ連邦政府とチューリンゲン州は、ワイマールの新しいバウハウス博物館を構築するようにワイマール古典財団に依頼しました。新館を設立するにあたり、バウハウス博物館は、1995年に、演劇広場で継続して開放されました。建築設計コンペティションは、全世界から536件の応募があり、国際的な注目と作品で魅了し、委員会は、2012年の夏に、ヘイケ・ハナダ教授とベネディクト・トノン教授の構想を選択しました。この受賞提案は、 ワイマールホール公園の端にある幾何学的な独立構造を設定することを提案しました。

コンペティションに続いて、ワイマール市は、既存の土地区画法の遵守を確保するために、バウハウス博物館の敷地に新たな開発をする計画を発表しました。同時に、ワイマール古典財団は、すべての必要な建築許可が、2014年までに承認されることを確実にするために、様々な専門家に依頼し、新しい博物館のための予備的な計画とデザインを提出しました。現場施工措置が完成した後に、正式に着工を開始する事が出来ます。現在の計画に基づくと、建設は2015年の終わりに開始し、2018年の博物館のグランドオープンに間に合うように2年以内に完了する予定です。

コスモワイマールの全体は、ワイマール市の城とワイマール古典財団が運営する他の多数の博物館が含まれる概念の一部である新しいバウハウス博物館を見た時にようやく認識出来ます。

紹介

建築

コンペティション

ロケーション

画像ギャラリー (7 枚の画像)

画像の拡大画面やスライドショーを見るには画像をクリックしてください。