Ceiling in Rococo Hall of Duchess Anna Amalia Library © Klassik Stiftung Weimar
Text
Map

リストの家

歴史

古典的な建物は、イルム河畔公園の西側の境界にあり、ベルベデーレ城に通じる大道の始まりにあります。これは、もともと18世紀の終わりに、ガーデナーのロッジとして建てられたものでした。1819年に、建築士クレメンス・ヴェンツェスラウス・クードレが、向かいにある建物の風格に合わせて家を再設計ししたものです。この家は、フリードリッヒ・プレラー翁が作業場として使用し、1950年からヘルマン・ヴィスリエニウスが所有し、1869年にリストがここに引っ越して来ました。ここが、リストのワイマールでの第二の居住生活が始まった場所です。彼は、宮廷の音楽監督として任期中の1848年から1861年まで、イェーナシュトラッセにあるアルテンブルクの別荘に、キャロリン・フォン・ナターリエ・ウィトゲンシュタイン姫と一緒に暮らしていました。カール・アレクサンダー大公の招請を受けてワイマールに戻った後、彼は1886年に亡くなるソフィー大公妃の非常に快適な住居を使用しました。リストは、ここで夏だけ過し、冬から春にかけては、ローマとブダペストで時間を過しました。ヨーロッパ全域で賞賛されたこの天才のワイマールでの夏は、特に教育の仕事で費やされていました。リストは、自宅でドイツ国内外の若手くて才能のある多くのピアニストを無料で指導しました。彼が亡くなった後すぐに、カール・アレクサンダー大公は、敷地の一部を記念館として一般に公開しました。リビングルームと研究室にあった当時の家具はそのまま保存され、ベッドルームとダイニングルームは後で再建されました。

見学

リスト博物館の2階のフロアには、いまだにベヒシュタインのグランドピアノ、バッハのピアノ、2つのミュージックホールダー、2つのカルテットスタンドがあります。元使用人室にあるサイレントピアノは、指の練習のため使用され、旅の時でも携帯出来ました。2006年から、居住用フロアの展示場にて、リストのオーケストラが見て聞きながら体験できるようになりました。

来館者情報

住所

Liszt House
Marienstraße 17
99423 Weimar

開放時間

11日~328
火曜日を除く月曜日から曜日|午前10時~午後4時

329日~1024
火曜日を除く月曜日から日曜日|午前10時~午後6時

1025日~1231
火曜日を除く月曜日から曜日|午前10時~午後4時

定期ガイド付き見学

土曜日|午後1時~午後2時

料金

成人4ユーロ|割引き3ユーロ|中高生(16歳~20歳 )1ユーロ
16歳未満は無料
音声ガイドを含む

公開ガイド見学費用

成人3ユーロ|中高生(16歳から20歳)1ユーロ
16歳未満は無料

バリアフリー申し込み

連絡先

Visitor information of Klassik Stiftung Weimar
Frauentorstraße 4
99423 Weimar
電話: +49 (0) 3643-545-400
ファックス: +49 (0) 3643-41 98 16
電子メイル: info@klassik-stiftung.de

画像ギャラリー (8 枚の画像)

画像の拡大画面やスライドショーを見るには画像をクリックしてください。