Ceiling in Rococo Hall of Duchess Anna Amalia Library © Klassik Stiftung Weimar
Text
Map

ワイマール新博物館

歴史

大公博物館は1869年にオープンし、ドイツでは最も早く開放された最初の博物館の一つでした。チェコの建築士ヨーゼフ・ジーテクにより、ネオ・ルネサンス様式のドーム型の中央の建物を設計しました。ワイマール新博物館の側面はガラス張りのパビリオンルーフで覆われています。1920年代に、現代美術の先駆的な展覧会がここで開催されました。建物は、第二次世界大戦中の被害のため、1952年に閉鎖されました。1988年以後、献身的な市民により、残りの遺跡を保存することに成功しました。1999年のシティーオブカルチャーイヤーの期間に、建物は、ポール・マエンズのコレクションから、国際的前衛的な作品を展示するワイマール新博物館としてリニューアルオープンしました。1999年のシティーオブカルチャーイヤーの期間に、建物は、ポール・マエンズのコレクションから、国際的前衛的な作品を展示するワイマール新博物館としてリニューアルオープンしました。2004に撤収されて収蔵されて以来、ポール・マエンズから得た残りの贈り物と買収品を、特別な展覧会として交互に出展しています。また、博物館は、例えば、GAGコレクションやルプレヒト・ガイガーとライムンドグリークの遺産から、現代芸術のアイテムと一緒に重要な時代の作品やコレクションを展示しています。これらの現代芸術作品を通じて、古典時代から現在までの作品を特別展示しています。

見学

階段と二階のプレラーギャラリーは、博物館の中核です。記念碑的な彫刻「ゲーテと魂」はベッティーナ・フォン・アルニムによって設計され、それに続き1851年にカール・スタインハウザーによってローマで作成されました。階段は、博物館の再開のため、フランスの概念的な芸術家ダニエル・ビュランによって1999年に再設計されたものです。プリラーギャラリーには、フリードリッヒ・プレラーが長年描いたオデッセイからのシーンを示す16の壁画のサイクルが展示されています。2004年にポール・マエンズのコレクションを戻した後、ワイマール新博物館に再びコレクターの遺産を展示しています。これらの現代的な作品を通じて、古代から現在までの芸術作品を特別展覧で展示しています。スイス人の芸術家ピピロッティ・リストによって制作された、ロビーに置かれている作品ダス・ジマー『ルーム』は来館者の目を引き付けます。廃棄された発電所にある ワイマール新博物館の別館で1999年にレベッカ・ホルンによって制作された作品が展示されています。

来館者情報

住所

Neues Museum Weimar
Weimarplatz 5
99423 Weimar

ハンディーキャップ情報

車椅子の方は博物館の裏口から入ることが出来ます。展覧スペースは体の不自由な方に対応しています。

連絡先

Visitor information of Klassik Stiftung Weimar
Frauentorstraße 4
99423 Weimar
電話: +49 (0) 3643-545-400
ファックス: +49 (0) 3643-41 98 16
電子メイル: info@klassik-stiftung.de

画像ギャラリー (6 枚の画像)

画像の拡大画面やスライドショーを見るには画像をクリックしてください。