Park Cave in Park on the Ilm © Klassik Stiftung Weimar

研究

ヴァイマル古典基金会の研究活動はすべてその勘定につける文化遺産、博物館、歴史建築、公爵夫人アンナ―・アマリア図書館及びゲーテとシラーのファイルを研究するために行います。厳しく言えば、その目的はそれらの研究結果を記録し、書籍と科学文献に載せ、展示することまた異なる科学研究項目に補充することです。最新の理論を研究し、実践しております。

研究案内

古典基金会はその研究結果を保つため、新しい国際基準により、インターネットで国際とつながり、各大学との連合項目を持っています。それに、国内外の有名な学者をヴァイマルまで誘って、科学検討会議に参加させます。2009年、ユーロッパ文化史とニーチェの学術を研究するために、基金会は古典研究センターを設立しました。現代哲学に質問できる交流フォームとして、古典基金会と国際研究の成果を展示できます。

古典基金会は優秀な後輩に奨学金項目を提供し、ヴァイマルの研究所にて使っていただきます。

承諾

ヴァイマル古典基金会の勘定につける研究活動はすべて科学実践指南の下に監督を受けます。

他の内容は弊社の英語ホームページをご覧いただきます。