Exhibit »The Cradle« by Peter Keler
Text
Map

ワイマールのバウハウス博物館

ワイマールのバウハウス博物館には200以上の展示品を揃えており、20世紀に最も影響力のあるデザイン学院であった国立バウハウス・ワイマールの発展を明確に展示しています。

歴史

1919年の春、ヴァルター・グロピウスがバウハウス学校を創立しました。彼は、国際的に有名で活躍している、リオネル・ファイニンガー、ヨハネス・イッテン、カンディンスキー、パウル・クレー、オスカー・シュレンマー、モホリ=ナジ・ラースロー等の芸術家をワイマールに招聘しました。創造性のトレーニング、チームワークと実質的指向のワークショップ研修を含む革新的、多元的な教育プログラムに基づいて、バウハウスの学生は、芸術、デザイン、建築の分野や芸能で優れた成果を得ました。1925年、バウハウス学校はワイマールから追い出されデッサウに移転し、1932年に再びベルリンに搬送されました。1933年、ナチズム者により徹底的に閉鎖されました。ドイツには国立バウハウスとしてワイマール共和国の政治、経済、文化の発展が密接にリンクしている大学は他にありません。ワイマールのドイツ国立劇場の記念碑と歴史的な墓地の中に建てられている中諸国民戦争記念碑(本名:Märzgefallenendenkmal)は、ガープクーデターのワイマールの犠牲者のために建立されたもので、今でも依然として目にする事が出来ます。どちらの記念碑もグロピウスによって設計されました。博物館の見学はバウハウス景観を見て通常終わってしまいますが、そのバウハウス大学の本館とハウス アム ホルンは1996年にユネスコの世界遺産として登録されています。

オスカー・シュレンマー監督のバウハウスステージワークショップでは、効果的に、ステージ実験との統合という目的を果たしています。例えばクルト・シュミットのMechanischesバレエ(機械バレエ)とクルトシュワールトフェガーのReflektorische Lichtspiele(ライトな演劇のリフレクティング)は全ての学部の学生が関与するなどです。バウハウスでのグラフィックプリントワークショップでは、すべての教師と学生に開放されていました。これはまた、将来のデザイナーや建築家の間のデザインや芸術的な対話の創造性を促進しています。最も優れた展示品として、クレーとファイニンガーの絵画を含む、ピーター・ケレルによる揺りかご、ヴィルヘルム・ワーゲンフェルトのテーブルランプ、そして、テオドール・ボグラーの組み合わせティーポットなどがあります。

見学

  1995年以来、ワイマールのバウハウス博物館は、一時的に劇場広場に芸術博物館で同じ場所に配置されています。その入り口にはクレメンス ・ヴェンツェスラウス・クードレイの古典布景建築設計(宮廷劇場のためのデポ)が組み込まれています。ワイマール古典財団は、現在、新しい博物館の建設を準備しています。

画像ギャラリー (6 枚の画像)

画像の拡大画面やスライドショーを見るには画像をクリックしてください。