City Castle with Castle Museum

ユネスコ世界遺産の「古典主義の都ワイマール」管理計画

1998年、ユネスコが世界遺産として「古典主義の都ワイマール」を登録した時、候補者は『世界遺産条約の実施のための運用ガイドライン』に従い、管理計画を策定するようまだ要求されることはありませんでした。

しかし、2007年以来、ユネスコの管理計画は申請プロセスの不可欠な部分となっています。2007年より前に認められた全てのユネスコの世界遺産には、世界遺産委員会への定期的な報告に備えて、対応する計画の立案するように求められています。

ワイマール古典財団は、昨年、パリのユネスコ世界遺産委員会に「古典主義の都ワイマール」管理計画を提出しました。174ページに渡る文書は、世界遺産の建物と敷地を管理するための計画を提示しています。

ユネスコの世界遺産「古典主義の都ワイマール」の今後の評価を考慮し、この文書は一緒に中長期的な保存、使用、維持、継続発展のための中心的な計画手段を提示しています。

ユネスコの管理計画には、世界の文化遺産の慎重かつ持続可能な取り扱いに関するガイドラインも盛り込まれています。そのうち、財団が、これらのリスクを回避するために可能な措置を確保するための分析計算を行ないました。

この計画の重要な成果は、中心地域と緩衝地域とその他の地域を定義、識別し、ワイマールの町のための法的拘束力のある形式で提示出来た事とです。これを世界遺産のあるすぐ近くの地域を保護する目的で近隣のコミュニティーのために役立てて行きます。