Kitchen in Goethe Museum Stützerbach © Klassik Stiftung Weimar
Text
Map

ベルヴェデーレの城、庭園、オレンジ温室

ベルヴェデーレ城はワイマールの南にある丘に立地し、43ヘクタールの公園に囲まれています。ザクセン・ワーマール・ アイゼナハのアーネスト・アウグスト公爵が、1724年から1748年までの間にオレンジ温室、プレジャー庭園、ラビリンスなどのバロック様式の夏の邸宅がありました。1923年以来、ベルヴェデーレ城は、18世紀の工芸品の博物館として使用されています。

歴史

もともと狩猟用のロッジとして使われていたこの城は、周りを騎士の厩舎に囲まれており、この時代の専門的な土地としての独特な雰囲気を与えています。1748年にアーネスト・アウグストが死去した後、庭園は荒れ果ててしまいました。その後、アナ・アマリア公爵夫人が毎年夏に住んだ時にだけ元の栄光を取り戻していました。1775年に権力を握った、カール・アウグスト公爵は、ゲーテと共にベルヴェデーレの城で植物学の研究を追求しました。1820年、植物園は、ドイツ内外から約7900種類の植物を保つように作られていました。1811年、カール・アウグストは、ベルヴェデーレ城と庭園を息子のカール・フリードリッヒと、妻のロシア大公妃マリア・パブロヴナに残しました。後の公爵は、妻のために城の西側にいわゆるロシアの庭園を作りました。庭園は、それまで荒廃していましたが、1815年から1830年にかけて、蛇行した道と数多くの装飾的な庭園構造を持つポストクラシック、ロマンチックなスタイルのカントリー庭園に変貌しました。1853年に治世を始めたカール・アレキサンダー大公は、城、庭園、オレンジ温室を慎重に保存し維持していました。庭園は、1974年から1978年の間に再建され、1978年から1982年の間にロシア庭園が再建されました。オレンジ温室の複雑な復興と修復作業は1998年に始まり、今後数年間に段階的に完了する予定です。

見学

ベルヴェデーレの城の工芸品博物館に展示されている展示品は、城のインテリアと調和しています。博物館は、大公の家庭から陶器とガラスの焦点を当てています。コレクションには宮廷の付属品と、18世紀に遡るフランスとドイツの家具が含まれています。見学は、1階の東洋の磁器、チューリンゲンの陶器、オーナーとその家族の肖像画から始まります。二階には、初期のマイセン磁器とチューリンゲンの食器と人物が展示されています。博物館のコレクションはまた、ベルリンの皇室陶磁器工場、ブラウンシュヴァイク・ヴォルフェンビュッテル公国のフュルステンベルク工場、サンクトペテルブルクの帝国工場の製品にも焦点を当てています。これらの品物のほとんどは、公爵家族の王朝との関係でワイマールに到着しました。西側の展示場では、アーネスト・アウグスト公爵時代の建築と庭園文化に光を当てています。東側の展示場では、公爵の家族がしようした18世紀の武器を展示し、宮廷の狩猟の歴史を生き生き展示しています。

来場者情報

住所

ベルヴェデーレの城、庭園、オレンジ温室
Weimar-Belvedere
99425 Weimar

営業時間

 3月29日~10月24
火曜日から日曜日 | 午前10時~午後6時

ベルヴェデーレのオレンジ温室、長館植物コレクション

 1月1日~2月28
水曜日から日曜日| 午前11時~午後4時

 1月3日~4月27
水曜日から日曜日| 午前11時~午後5時

料金

成人6ユーロ|割引き4.5ユーロ|中高生(16歳~20歳 )2ユーロ
16歳未満は無料
音声ガイドを含む

オレンジの温室チケット
成人2.5ユーロ|割引き2ユーロ| 中高生 (16歳~20歳 ) 0.5ユーロ
16歳未満は無料 

シーズンオレンジの温室料金12月~4):
成人5.5ユーロ
16歳未満は無料

ハンディキャップ情報

バリアフリーの申し込み

連絡先

Visitor information of Klassik Stiftung Weimar
Frauentorstraße 4
99423 Weimar
電話: +49 (0) 3643-545-400
ファックス: +49 (0) 3643-41 98 16
電子メイル: info@klassik-stiftung.de

画像ギャラリー (9 枚の画像)

画像の拡大画面やスライドショーを見るには画像をクリックしてください。