Kitchen in Goethe Museum Stützerbach © Klassik Stiftung Weimar
Text
Map

大公の墓所

ワイマールの大公の墓所は、王室の典型的な埋葬の場所ではありません。1832年以来、ザクセン・ワイマール・アイゼナハの家族は、ワーマールの古典主義者であるヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテとフリードリッヒ・シラーの2人の有名な詩人と墓を共有しました。そのため、墓所は19世紀半ばから、詩人のための崇拝者の人気スポットとなりました。

歴史

大公の墓所の建設は、カール・アウグスト大公により依頼され、1818年に設立された歴史的墓所の敷地内に1823から1828年に建設されました。建築家クレメンス・ ヴェンツェスラウス・クードレが、大公の墓所の建設の監督を担当しました。内部の納骨堂の建設が終了した後、1774年に市の城が火事になった歳、炎の中から持ち出された公爵家族の石棺がこの大公の墓所に移されました。最初の埋葬は、1827年12月16日にフリードリッヒ・シラーの遺骨が再び埋葬された時でした。カール・アウグストは、墓所の建設が完了する前の1828年6月14日に崩御しました。1832年3月26日にヨハン・ヴォルフガング・ゲーテはシラーの棺の横に埋葬されました。1905年まで14人がここに埋葬されました。労働者が1862年に建設された大公の墓所とロシア正教会の礼拝堂を隔てる基礎壁を壊した後、大公夫婦のマリア・パブロヴナとカール・フリードリッヒが崩御した後、ここに一緒に埋葬され、それぞれの宗教的信念の建物の下に埋葬されました。

その後、プロイセンの女王であるオーガスタが、時間の歴史的な親和性を反映するように、礼拝堂の内部を改装するための資金を提供しました。

1952年から1994年まで、大公の墓所の正式名称は「ゲーテとシラーの墓所」でした。1993/94、墓所は、大規模な改修が行なわれ、前期の変更を保留にしました。礼拝堂自体は、2011年の初めに改造されました。

見学

大公の墓所は、今日、テューリンゲンの古典主義建築の主要作品の1つと考えられています。広場、2層構造がドリス式のポルティコによって隣接しています。見学者は建物に入ると、新古典主義の芸術を特徴とする礼拝堂、床の上に楕円に開かれた星を帯びたドーム、オーガスタ皇后時代にまでさかのぼるオリジナルインテリアの家具の中に、自分自身がいる事を発見します。礼拝堂に特に新しく追加されたのは、祭壇のガラスの陳列ケースにいれらた巨大な聖書です。入り口の左側にある狭い階段が地下に繋がっており、詩人と皇室一族の棺が置かれています。クードレイが北壁のヴィルヘルム4世公爵(1598-1662)から始まり、死者の日付に基づいて時系列的に棺を整理しました。カール・アウグストの記念碑的な青銅の石棺は、祭壇の下の主軸に沿ってい安置してあります。1994年まで、合計43個の棺が安置されていましたが、保存上の理由から10個皇室一族の棺が移動させられました。2008年の研究プロジェクトの一環として、学者が、フリードリッヒ・シラーの棺の中の遺骨が、複数の人々のものであることを発見しました。そのため、フリードリッヒ・シラーの棺は空になっています。

来場者情報

住所

大公の墓所
Historischer Friedhof
Am Poseckschen Garten
99423 Weimar

開放時間

 1月1日~3月28
火曜日を除く月曜日~日曜日|午前10時~午後4時

 3月29日~10月24
火曜日を除く月曜日~日曜日|午前10時~午後6時

 10月25日~12月31
火曜日を除く月曜日~日曜日|午前10時~午後4時

料金

成人4ユーロ|割引き3ユーロ|中高生(16歳~20歳 )1ユーロ
16歳未満は無料
音声ガイドを含む

ハンディーキャップ情報

バリアフリーの申し込み

連絡先

Visitor information of Klassik Stiftung Weimar
Frauentorstraße 4
99423 Weimar
電話: +49 (0) 3643-545-400
ファックス: +49 (0) 3643-41 98 16
電子メイル: info@klassik-stiftung.de

画像ギャラリー (8 枚の画像)

画像の拡大画面やスライドショーを見るには画像をクリックしてください。