Park on the Ilm. Detail from »Grundriß von der Großherzogl.- Sächs. Residenzstadt Weimar, aufgenommen, berechnet und gezeichnet von J. V. Blaufuß«, 1818/22 © Klassik Stiftung Weimar
Text
Map

エッタースブルクの城と庭園

エッタースブルクの城は、グロース・エッタースバーグ(Grosse Ettersberg)の北側の森の端にあります。この森林は17世紀以来、ワイマール公爵の狩猟場でした。ヴィルヘルム・アーネスト公爵は、18世紀初めに城を建設し始め、彼の甥アーネスト・アウグストによって仕事が完了しました。1776年から1780年にかけて、ザクセン・ヴァイマル・アイゼナハの大公未亡人アンナ・アマリア大公妃が、夏の宮廷を開き、文学や音楽の中心になっていました。文化の第二の黄金時代は、1842年に城がアンナ・マリアナ大公妃の曾孫であるカール・アレキサンダーによって引き継がれた時に始まりました。若い公爵は、カール・エドワード・ペツォールドのデザインに従って2つの城の花壇を再建しました。ペツォールドはまた、城の西側に6ヘクタールの美しい庭園と、古い城から森林の家まで谷の基盤の東に伸びる大きな森林の牧草地を築きました。1845年、狩猟跡の一つと交わる城の道を、ヘルマン・フォン・ピュクラー-ムスカウ王子命を受け拡張され、いわゆるピュラシュラグ通り(Pücklerschlag)となりました。

1919年以降、エッタースブルクの城はチューリンゲン州の所有となりました。その後の数年、異なる城の使用者は、ここの庭園を無視して来ました。ピュラシュラグ通り(Pücklerschlag)は、土地改革の一部として、1946年に分けられてしまいました。1968年、エッタースブルクの城の全体の遺産は、古典ドイツ文学(NFG)国立研究と記念館に受け渡され、1979年に城と庭園の管理をNFGが引き継ぎました。それ以来、城の継続的なメンテナンスが保たれています。改装工事には、庭園を通る道の再建、南斜面の木々や低木の若返り、城の両側の花壇が含まれます。

2009年に、教育機関BAUHessen-Thüringene.Vが. エッタースブルクの城の55年間の賃貸借契約を締結し、セミナーとカンファレンス・センターが運営されるようになりました。しかし、城の庭園や公園の敷地は、ワイマール古典財団の管理下にあります。

来場者情報

住所

エッタースブルクの城と庭園
Am Schloss 1
99439 Ettersburg

連絡先

Visitor information of Klassik Stiftung Weimar
Frauentorstraße 4
99423 Weimar
電話: +49 (0) 3643-545-400
ファックス: +49 (0) 3643-41 98 16
電子メイル: info@klassik-stiftung.de

画像ギャラリー (5 枚の画像)

画像の拡大画面やスライドショーを見るには画像をクリックしてください。