Kitchen in Goethe Museum Stützerbach © Klassik Stiftung Weimar
Text
Map

金庫墓所

チェンバレン・クリストフ・ジェニッセンは、1715年頃にワイマールの聖ヤコブの墓地に家族の墓所を建てました。これは、地下の埋葬室と一階の構造で構成されています。1742年、墓所は地方局の財産(Landschaftskassendirektorium)となり、カッセングウェルベ(Kassengewölbe)「金庫墓所」というニックネームが付けられました。当局は、埋葬地を持たない高位の人々のためにこの墓所をを使いました。1826年に閉じられる時、64人が埋葬されました。1854年、墓所がいっぱいになってしまい、建物が取り壊されました。現在の建物は1927年に建てられた物です。古い土台の上に、歴史的建造物に非常に似た、元の墓所の上小さな建物が建てられました。建物の中の石板には、フリードリッヒ・シラー(Friedrich Schiller)やルイス・フォン・ゴッホハウゼン(Louise vonGöchhausen)、アナス・アマリア大公妃(Duchess Anna Amalia)など、そこに埋葬されている人々の名前が書かれています。1826年と1911年には、シラーの遺骨と推定されている骨が.大公の墓所に移されました。2008年に行われた調査(ドイツ語のウェブサイト)では、両方の身元がシラーではない事が明らかになりました。

来場者情報

住所

金庫墓所
Jakobsfriedhof und Kassengewölbe
99423 Weimar

開放時間

規定なし

ハンディーキャップ情報

バリアフリーの申し込み

連絡先

Visitor information of Klassik Stiftung Weimar
Frauentorstraße 4
99423 Weimar
電話: +49 (0) 3643-545-400
ファックス: +49 (0) 3643-41 98 16
電子メイル: info@klassik-stiftung.de

画像ギャラリー (5 枚の画像)

画像の拡大画面やスライドショーを見るには画像をクリックしてください。