Kitchen in Goethe Museum Stützerbach © Klassik Stiftung Weimar
Text
Map

イルム河畔公園

ワイマールの旧市街の端にある48ヘクタールの美しい公園は、イルム河畔の緑の一部分にあります。この公園は1778年から1828年の間に築かれ、感傷的、古典主義、ポスト古典主義/ロマン主義なスタイルの両方を特徴としています。

イルム河畔公園の建設は、ゲーテの人生とワイマールでの仕事と密接に関係しています。1776年に、カール・アウグスト公爵は、ゲーテに、現在ゲーテの庭園.として知られている庭にある小さな家を与えました。1778年、最初に岩の多い西側斜面を工事し始めました。通り道の舗装、ベンチの設置、記念碑、橋、その他の公園建築物が建てられました。様々な木々や低木も植えました。ステルンやウェルスチ庭園のような古い宮殿の庭園が再設計され、オバウェイマールまで東の谷の斜面と水の牧草地と共に公園内に統合されました。

  1791から1797年の間、公爵は古典様式でロマン主義の家建てました。これは、公園の南部に最も特徴的なデザインです。公園の重要な特性は、ゲーテの庭園や、ロマン主義の家と公園内の樹皮の家などと組み合わされた景観、様々な景観が周囲の田舎と繋がっています。

この作品は、1828年に大部分が、公園の設計の後ろで重要な原動力となっていたカール・アウグストの崩御によって終わりました。その後数十年間、公園は維持されましたが、通りのアムホルンのような建物の建設によって周囲の景観との直接的なつながりの一部が消えました。さらに、木や低木のケアが不十分であり、元々の外観が危険にさらされました。1970年に公園が古典ドイツ文学(NFG)国立研究と記念館に引き継がれ、樹木、潅木、道路、建築物の広範囲にわたる再建、維持管理作業が行われるようになりました。

イルム河畔公園は、1998年以来、ユネスコの世界遺産に登録されています。

来場者情報

住所

イルム河畔公園
Park an der Ilm
99423 Weimar

公園は全日開放

規定なし

ハンディーキャップ情報

バリアフリーの申し込み

連絡先

Visitor information of Klassik Stiftung Weimar
Frauentorstraße 4
99423 Weimar
電話: +49 (0) 3643-545-400
ファックス: +49 (0) 3643-41 98 16
電子メイル: info@klassik-stiftung.de

画像ギャラリー (6 枚の画像)

画像の拡大画面やスライドショーを見るには画像をクリックしてください。