Kitchen in Goethe Museum Stützerbach © Klassik Stiftung Weimar
Text
Map

ロマン主義の家

ロマン主義の家は、1791年から1797年の間に、イルム河畔公園の急斜面にあり、サクセン・ワイマール・アイゼナッのハカール・デューク公爵の避難所として建設されました。建築作業はヨハン・ヴォルフガング・ゲーテによって監修されました。ロマン主義の家の計画は、ハンブルクの建築家ヨハン・アウグスト・アレンズ(Johann August Arens)によって策定されました。家の前の4つの柱頭に支えられたイオニア式の中庭とポーチがります。イルム川の氾濫原からの眺めは、錆びた土台と巨大なドーリア式の柱に支えられたこと示しています。寺院のような構造は、古代の建物の遺跡の上に建てられたような印象を与えます。ローマ周辺の別荘に触発されているロマン主義の家は、ゲーテがイタリアへ旅行している時に創造した建築理論を具現化した古典的なショーホームの地位を持っています。

ドレスデンのクリスチャン・フリードリヒ・シューリヒトは、ロマン主義の家のインテリアデザインを依頼されました。ゲーテの友人で芸術顧問のヨハン・ハインリッヒ・マイヤーが壁や天井にフレスコ画を描きました。フレスコ画の中心には、ペガサスとムーサとアポロが描かれています。西側の入り口のポルティコの上にあるティンパヌムは、1819年に、ヨハン・ ピーター・カウフマンよって創造された救済措置が示されており、天才がみた、科学、芸術、農業の寓意が描かれています。

ロマン主義の家は1999年に改装され、元の家具は修復できなかったため、家具は使われませんでした。今日の内装は、古典的なインテリアのモデルとなっています。見学者に開放されているエリアは、ダイニングルームに使われた中庭、社交に使われたブルーサロンと公爵が研究で使用したイエローサロンがあります。隣接する部屋は寝室と衣装部屋として使用されました。地下では、イルム河畔公園が18世紀後半からどのように発展してきたかを展示しています。

来場者情報

住所

ロマン主義の家
Park an der Ilm
99423 Weimar

開放時間

3月29日~10月24
火曜日を除く月曜~日曜日|午前10時~午後6時

料金

成人4ユーロ|割引き3ユーロ| 中高生 (16歳~20歳 )1ユーロ 
16歳未満は無料 

ハンディーキャップ情報

バリアフリーの申し込み

連絡先

Visitor information of Klassik Stiftung Weimar
Frauentorstraße 4
99423 Weimar
電話: +49 (0) 3643-545-400
ファックス: +49 (0) 3643-41 98 16
電子メイル: info@klassik-stiftung.de

画像ギャラリー (7 枚の画像)

画像の拡大画面やスライドショーを見るには画像をクリックしてください。