Kitchen in Goethe Museum Stützerbach © Klassik Stiftung Weimar
Text
Map

寡婦宮殿(ヴィットムス宮殿)

歴史

バロック都市宮は、ワイマール中心にある劇場広場に面して立っています。長年に渡って、ザクセン・ワイマール・アイゼナハのアナ・アマリア大公妃(1739-1807年、1759年〜1775年に在位)が、この城に住んでいました。彼女はドイツ国家の神聖ローマ帝国の少数の女性摂政の一人でした。宮廷が大きな火災にあった後、彼女は1774年に大臣ヤコブ・フリードリヒ・フォン・フリッチュ男爵から宮殿を奪取しました。もともと、寡婦宮殿の一部であった庭園は、19 世紀の初めに劇場広場の建設のために放棄しなければならなくなりました。1870年、カール・アレクサンダー大公は寡婦宮殿にアンナ・アマリア専用の博物館を改装し、設置しました。

見学

寡婦宮殿に移り住んだアンナ・アマリアは、ライプチヒ・ドローイング・アカデミーのディレクター、アダム・フリードリッヒ・オーサーの計画に従ってインテリアを再設計しました。彼は3階のダンスホールの天井と2階の個室のフラスコ画を担当しました。数多くの半身像、油絵、水彩画は、ドイツと海外のゲストだけでなく、家族や宮廷の人達を紹介しています。クリストフ・マ-ティン・ヴィーラント、ヨハン・ゴットフリート・ヘルダー、ヨハン・ヴォルフガング・ゲーテやフリードリッヒ・シラーの肖像画が、カール・アレキサンダー詩人室であったレッドサロンに展示されてます。ダイニングルーム、いわゆる円卓の部屋は、社交的な夜のための会場としてアンナ・アマリアが使用しました。寡婦宮殿のインテリアと家具は、シンプル且つエレガントできめ細かいです。注目すべき点は、1785年に遡る初期の古典的なスタイルを残している公爵夫人の居間でこのグリーンサロンにはほとんど本物の装飾が施されています。

来場者情報

住所

寡婦宮殿
Am Palais 3
99423 Weimar

開放時間

 1月1日~3月28
火曜日から日曜日 | 午前10時~午後4時

 3月29日~10月24
火曜日から日曜日 | 午前10時~午後6時

 10月25日~12月31
火曜日から日曜日 | 午前10時~午後4時

定期ガイド付き見学

日曜日 | 午前11時~正午12時

料金

成人6ユーロ|割引き4.5ユーロ| 中高生 (16歳~20歳 ) 2ユーロ 
16歳未満は無料

ガイド料金チケット代含まず
成人3ユーロ|割引き3ユーロ| 中高生 (16歳~20歳 ) 1ユーロ 
16歳未満は無料
音声ガイドを含む

ハンディーキャップ情報

バリアフリーの申し込み

連絡先

Visitor information of Klassik Stiftung Weimar
Frauentorstraße 4
99423 Weimar
電話: +49 (0) 3643-545-400
ファックス: +49 (0) 3643-41 98 16
電子メイル: info@klassik-stiftung.de

画像ギャラリー (9 枚の画像)

画像の拡大画面やスライドショーを見るには画像をクリックしてください。