Kochberg Park © Klassik Stiftung Weimar
Text
Map

訪問客情報

ゲーテ・シラー文書館は1896年6月28日にオープンしました。当時、ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公妃ソフィーはゲーテとシラーの貴重な原稿を保存するためにこの文書館の建設を命じました。建築家Otto Minckertより設計されたゲーテ・シラー文書館はイルム川近くの公園みたいな場所に位置します。過去に数回に渡って小規模の増築が行われましたが、2010年から2012年までに大規模の改造と増築が行われました。

一階にある各部屋はこの建物の中心になっています。真ん中の部屋は館蔵の原稿の臨時展示用に使われます。右の部屋は原稿閲覧室で、左の部屋は特別イベント用に保留されています。左の部屋には文学者ジュリアス・ピーターセン(1926~1938年にゲーテ協会会長を務めた)の個人図書館もあります。

訪問客は建物周りの公園で散歩をしたり、休憩をしたりすることができます。また、ここからワイマール市の歴史的な街並みが見えます。

一般の訪問客は開館時間内であればいつでも入場できます。ただし、人数の多い団体の場合は事前に予約する必要があります。

お問い合わせ

Klassik Stiftung Weimar
Besucherinformation, Stabsreferat Kommunikation, Öffentlichkeitsarbeit, Marketing
Frauentorstraße 4
99423 Weimar

電話: +49 (0) 3643-545-400
ファックス: +49 (0) 3643-41 98 16
電子メイル: info@klassik-stiftung.de

画像ギャラリー (13 枚の画像)

画像の拡大画面やスライドショーを見るには画像をクリックしてください。