Rococo Hall
Text
Map

図書館に関して

アンナアマリア公爵夫人図書館はドイツでは初めて大衆に公開した図書館である。 ヴィーラント、ゲーテ、ヘルダー、シラーなどの蔵書を含む。

図書館の歴史は1552年に遡り、当時は公爵の芸術品蔵庫と王宮蔵庫であった。 1691年に、サックスワイマール公ヴィルヘルムエルンストは、蔵書を増やして図書館にしようとして、その後蔵書は宮殿の3つの部屋を占めていた。

公爵図書館は独立した建物に移転してから、初めて独自のアイデンティティと大衆開放性を実現した。アンナアマリア公爵夫人は図書館を加えるために、16世紀にグリーンパレスの改築を命じた。改築後の建筑は2つのギャラリー付きのロココ様式の図書館ホールとなった。図書館の蔵書は高度多様化して広範囲である。特に歴史、芸術、欧州文学に集中している。今でも、重要な芸術品はロココホールの内装を飾っている。1797年に、閣僚ヨハン・ヴォルフガング・ゲーテとクリスチャンゴットロブフォークトは、図書館の共同館長として任命された。その後、図書館はドイツにて最も重要な図書館に成長し1832年に8万冊の蔵書を提供していた。

19世紀に図書館の成長がやや落ちた。1919年に、館名を»Thüringische Landesbibliothek«に変更した。悠久な伝統を持つ図書館は、1969年にワイマール»Nationale Forschungs- und Gedenkstätten der deutschen klassischen Literatur in Weimar«というより小さな機構と合併し、館名を»Zentralbibliothek der deutschen Klassik«に変更した。1991年の第300回記念日以来、図書館はその最も重要なパトロンの名前を付けられた。

2004年9月2日に、大きな火事は旧図書館の上階及びそこにある書籍を焼失した。 2005年、新しい»Studienzentrum«と地下著書室は竣工し、それ自体は火事のずいぶん前から建設予定だった。 復元された旧図書館は、ドイツの首相の命令で2007年に再開した。

現在図書館は100万冊の蔵書を抱え、そのうち約20万は1850年前の出版物である。 蔵書の一部は、エリアを支配するサクス-ワイマールとアイゼナハ公爵の私有物である。 図書館は1800年前後のドイツ文学に関する文学と文化歴史蔵書を最大な特徴とする。