Rococo Hall
Text
Map

2004年の火災事件に関する情報

2004年9月2日の夜には、アンナアマリア公爵夫人図書館の旧図書館は、ユネスコの世界遺産として、深刻な火事で被害を受けた。 2上層階は完全に焼損された。 50,000冊蔵書が破壊され、62000冊はひどく火事と消防水により破損状態にある。 1850年前にさかのぼる五分の二以上の歴史的重要な印刷物が影響を受けた。 16世紀から18世紀に遡る37の絵も焼失された。 貴重な収蔵品の大部分は、中世の写本、インキュナブラ、地球儀、地図、世界最大のファウスト収集品とニーチェのプライベート蔵書を含む。

十分に乾燥された後、1766年にさかのぼる歴史的なロココホールは、ワイマール古典主義の心臓部として、徹底的な修復を受けた。

旧図書館は、アンナアマリアの死後200年、2007年10月24日にリニューアルオープンした。

歴史的複製本の更新

2005年以来、寄付や支援資金によって運営するチームは破壊されなかった、或いは復元可能な本を更新しようとしてきた。 更新は寄付金で古物市場で書籍を購入するる形で行われる。 優先順位は、1850年前に遡る古い印刷物に与えられる。

図書館火災後に更新される本は、火事損失書籍というサイトから特別検索できる。

デジタル化した音楽カタログは損失した音声メディアと関連更新情報を提示している。

有意義な蔵書追加により損失補償

歴史的蔵書で損失を埋めるために、もともとの蔵書になかったタイトルをも求めている。 火事で損失た形式或いは内容に関する1850年前の出版物とタイトルの収集に特に力を入れている。