Duchess Anna Amalia Library
Text
Map

プロジェクト

現行プロジェクト

現行の研究プロジェクト

ワイマール芸術品の図書館カタログ付けプロジェクト

文化分野のボランティア社会サービス

図書館蔵書バックアップ撮影のパイロットプロジェクト

アンナアマリア公爵夫人図書館の火事焼失書籍の復元

ワイマールゲーテ文献

ワイマールニーチェ文献

歴史的複製本の更新

完成プロジェクト

完成待ち研究プロジェクト

地図の索引

チューリンゲンの文化史に関連する個人および時事記事

文化分野のボランティア社会サービス

文化分野のボランティア社会サービス(FSJ Kultur, »Thüringen-Jahr in der Kultur«とも呼ばれ、テューリンゲン文化年)は主にLandesvereinigung Kulturelle Jugendbildung Thüringen (LKJ)により組織と管理されている。 2003年から、毎年2人の若者は1年間(9月から来年8月まで)かけて図書館で働く。 目標はボランティアに文化施設としての図書館を洞察させる上、館内作業を推進すると同時に、彼ら自身のプロジェクトも進められる。 年末にボランティアはその主要なタスク、技能と能力を証明する証明書をもらう。

担当者:カリーナ・フォーク

ワイマール芸術品の図書館カタログ付けプロジェクト

ドイツ研究基金会(DFG)に協賛されている

ワイマール古典基金会にその収蔵品が統合された後、元ワイマール芸術品はアンナアマリア公爵夫人図書館に2003年に所有されるようになった。 収蔵品は54000件あり、ゲーテが購入した作品と個人鑑賞用の作品を含む。 収蔵品は珍しい複製品と発行物を含み、そのうちのほんの一部のみは電子カタログ化された。 本プロジェクトはオンラインディレクトリに未カタログ化とカードカタログ化のみの索引化を進めている。 更に、300の完全電子化蔵書をネット上に一般大衆に公開している。

地図の索引

1850年前にプリントされた地図は古い地図データベース IKARにカタログ付けられている。 これら2つの索引プロジェクトは、エベリンZEIT基金会とゲルトブツェリウスとドイツ研究基金会から協賛される。 大多数のタイトルは図書館のオンラインカタログにて検索可能。

チューリンゲンの文化史に関連する個人および時事記事

ドイツ研究基金会(DFG)に協賛されている

アンナアマリア公爵夫人図書館はチューリンゲンの文化史に関連する大量の個人および時事記事を有する。 16世紀から19世紀にわたる作品は、地方歴史、芸術史、家系図、図書学とその他学科と課題を研究するための貴重な資源である。 DFGの支持のもとで、ワイマールの大量な個人と時事記事は彩色紙装丁によりカタログ化と検査されている。

既存の蔵書を補完するために、アンナアマリア公爵夫人図書館は歴史文献と現代文献関連の書籍を収集しつつある。