Duchess Anna Amalia Library
Text
Map

タスクと目標

アンナアマリア公爵夫人は図書館は9世紀から21世紀までの蔵書を抱え、それぞれの内容と形式により対応した検索方法を提供する。 現在、図書館の蔵書は約1万冊に達する。 1800年前後の教育理念から影響を受け、火事に遭ったとしても1750年から1850年までの蔵書が非常に広範囲で、図書館は啓蒙主義からロマン主義晩期までの時期の蔵書に集中している。

アンナアマリア公爵夫人図書館は自分自身を文化と文学系図書館として位置付けている。

財政支持

図書館はワイマール古典基金会の一部であり、45%の資金は政府から、45%の資金はテューリンゲン州から、10%の資金はワイマール市からである。 現在図書館は90人の従業員を抱えている。 これら従業員の所得の半分以上は、ドイツ研究協会、大衆基金会と就職機構など組織による特別基金と扶助基金で賄われている。

新規蔵書における支出は年間約50万ユーロである。 更に、寄付金のかなりの部分は焼失した資料の更新に用いられ、毎年新しく収集すること同然である。

個人寄付金はますます重要になっている。 アンナアマリア公爵夫人図書館は火事による損失が6700万ユーロにも達し、十分な寄付金があれば完全復元が可能となる。これは寄付とプロジェクト扶助次第である。 現在、必要金額の半分は利用可能である。