Caspar David Friedrich (1774–1840), Rügenlandschaft mit Meeresbucht, um 1802
Text
Map

グラフィック・アート・コレクション

合計約23万点の作品を収蔵しており、ドイツのワイマール古典財団のグラフィック・アート・コレクションは、その中でも最も貴重なものです。これらの作品は、15世紀から21世紀にかけてのヨーロッパのグラフィック・アート制作の詳細な概要を展示しています。

グラフィック・アート・コレクションは、3つ部分で構成されます。元大公のコレクションしていた印刷とデッサン(銅版陳列室)コレクションの中核をなしています。これらの収蔵作品の優れた質量源は、大公が購入する際に、当時「科学芸術の即時機関の監督」を担当していたゲートの提案を聞き、慎重に買収した結果です。大公の資産が1919年に国有化された後、チューリンゲン州が収蔵のためのキュレーターとして、寄付、遺産、新たな買収等により、近代の数々の作品を拡大して収蔵して来ました。今日のコレクションには、あらゆる描画方法と印刷テクニックの例も含めて展示されています。それには、3万5千点の手描きのイラストや偉大な巨匠の作品も含まれています。 レオナルド・ダ・ヴィンチ、ラファエル、デューラー、クラナッハ、ティエポロ、ルーベンス、ヴァン・ダイク、レンブラント、コールト、バウチャー、C.D.フリードリヒ、ルンゲ、ムンク、ロダン。このコレクションの中には、14万枚のプリントも含まれており、デュラー、ルーカス・クラナッハー・エルダー、レンブラント、カロット、バウハウスのマスター・リオネル・ファイニンガー等著名な東ドイツの芸術家の作品や、イタリアの芸術家の貴重な作品等も展示されています。さらに貴重なインキュナブラのコレクションが芸術の歴史的意義を高めています。

グラフィック・アート・コレクションで2番目の貴重な展示は、ゲーテのプライベート・アート・コレクションです。ゲーテは人生を終えるまでに、9,000点以上の印刷物と2,000点以上の絵画を集め、当時のドイツ語圏で最大の私設コレクションとなっていました。それに加え、アルドルファ、パルミジャニーノ、グエルチーノ、ティントレット、レンブラント、ブロエマルト、ヤコブ・デ・ウィット、ロラン、ワトーの作品以外にも、ゲーテは彼自身の作品とその他、当時のドイツの巨匠の作品も集めていました。例えば、ハッケルト、ティッシュバイン、c.d.フリードリヒ・ルンゲなどの作品です。ゲーテの約2100枚にのぼる絵画はグラフィック・アート・コレクションで独自の意義を持っています。

1885年に創立された、ゲーテ国立博物館に所蔵されている4万点を超えるグラフィックアートの作品が、グラフィック・アート・コレクションの第3の大ホールを構成しています。これらは主に、ゲーテの時代からと現在のワイマールの文化史に関連するすべての側面に焦点を当てています。コレクションには、ヨハン・ハインリヒ・マイヤー、ルイーズ・サイドラー、バルトリド・アセンドルフ、フランツ・リスト、フリードリヒ・ニーチェの特別なコレクション、文学作品の芸術的イラスト等、有名芸術家の財産が含まれています。

見学

所蔵コレクションを見学する場合は、火曜日から金曜日までのアンナ・アマリア図書館で特別閲覧室、ゲーテ国立博物館のユーザーサービス部門で事前に登録する必要があります。

来館者情報

Klassik Stiftung Weimar
Abteilung Graphische Sammlungen
Frauenplan 1
99423 Weimar
電話:  +49 (0) 3643 - 545 344
ファックス:  +49 (0) 3643 - 545 356
電子メイル:graphische.sammlungen@klassik-stiftung.de

住所

Graphic Art Collections
Benutzerabteilung im Goethe-Nationalmuseum
Frauenplan 1
99423 Weimar

所蔵コレクションを見学する場合は、火曜日から金曜日までのアンナ・アマリア図書館で特別閲覧室、ゲーテ国立博物館のユーザーサービス部門で事前に登録する必要があります。

To the galleries (German only)