Park on the Ilm. Detail from »Grundriß von der Großherzogl.- Sächs. Residenzstadt Weimar, aufgenommen, berechnet und gezeichnet von J. V. Blaufuß«, 1818/22 © Klassik Stiftung Weimar
Text
Map

ホーエ・パペルン

歴史

ハウス・ホーエ・パペルンは、ヴィルヘルム・エルンスト大公の芸術顧問として1902年にワイマールにやって来た、ベルギーの建築家で下術かであるアンリ・ヴァン・デ・ヴェルデ(1863年から1957年)、の私邸でした。ヴァン・デ・ヴェルデは、自分の計画で1907年から1908年に家を建て、1917年まで、彼の妻マリアとその5人の子供とそこに住んでいました。第一次世界大戦中、外国人敵意の増長により、彼とその家族は、家を販売し、ワイマールを離れる事を余儀なくされました。その後この物件は、何度も人の手に渡りました。ワイマール古典財団は、2003年から建物の後見人を務めています。2012年夏、ワイマール古典財団は非独立イルゼ・バッガード財団からの資金を通じ、この文化歴史芸術家の住宅を購入し、地下室にあるいくつかの部屋を用いて若い芸術家達の芸術創造を促進に役立てています。

ヴァン・デ・ヴェルデは、内部構造と彼の備品の配置に合わせて、家の外観を設計しました。彼は太陽の経路に特別な注意を払いました。ヴァン・デ・ヴェルデは、ホーエ・ハペルンの全ての部屋がインテリア構造の固定された場所に、特定の機能をもっている有機体であると言っていました。家の中枢と家の中心部は、リビングエリアとピアノノービル上の廊下でした。近隣の研究室とダイニングルームを備えたサロン、上に登る階段と脇の階段全てをこのスペースにつなげました。ヴァン・デ・ヴェルデは、意図的に装飾用の装飾を省略し、代わりに近代産業の美学に焦点を当て、実用性の原則に沿ってホーエ・ハペルンを設計しました。家は、独特な芸術を合成しており、各細部にはヴァン・デ・ヴェルデの直筆サインが書き残されています。

ヴァン・デ・ヴェルデは、庭園だけでなく、家具や備品も設計しました。各壁の側面は、庭園の異なる部分に対応しています。もともと通りの側にフルーツの木が置かれた装飾的なカントリー庭園があり、南側には噴水のある開放されたエリア、そして西側にキッチン庭園がありました。家はかつて、その上に伸びていくPappeln(ポプラ)からその名前を付けました。

見学

ハウス・ホーエ・パペルンを訪れた方は、庭園とサロン、ダイニングルーム、スタディ、リビングエリア、廊下、ピアノノーブルの家族が日常を過したリビングエリアを見学出来ます。展示されている家具は、ミュンヘンハウゼン家のために1904年にヴァン・デ・ヴェルデがデザインしたものです。

来館者情報

住所

aus Hohe Pappeln
Belvederer Allee 58
99425 Weimar

開放時間

324日~1029
火曜日から日曜日|午前11~午後5時

料金

成人 3ユーロ | 割引き 2ユーロ | 中高生(16歳~20歳) 1ユーロ
16歳未満は無料

ハンディーキャップ情報

バリアフリー申し込み

連絡先

Visitor information of Klassik Stiftung Weimar
Frauentorstraße 4
99423 Weimar
電話: +49 (0) 3643-545-400
ファックス: +49 (0) 3643-41 98 16
電子メイル: info@klassik-stiftung.de

画像ギャラリー (6 枚の画像)

画像の拡大画面やスライドショーを見るには画像をクリックしてください。