Kitchen in Goethe Museum Stützerbach © Klassik Stiftung Weimar
Text
Map

ニーチェ資料館

歴史

ニーチェ資料館は、1894年の初めにナウムブルグで哲学者の姉妹であるエリザベス・フォルスター・ニーチェによって設立され、1896年9月にワイマースに移されました。1897年5月に彼女は、1900年8月25日にな亡くなってしまった弟フリードリヒ・ニーチェの病を世話するために「Silberblick」に引越しました(現在のHumboldtstrasse 36)。エリザベス・フォルスター・ニーチェは、1902年4月に家を購入した後、ハリー・ケスラー伯爵の提案を聞き、ベルギーの建築家ヘンリー・バン・デ・ヴェルデに依頼し、1階を再設計し、再建しました。1903年10月15日に再び対外に開放されました。

見学

ニーチェ資料館のインテリアデザインと家具は、ヴァン・デ・ヴェルデの最も成功した作品として番号が付けられています。彼のデザイン作品には、新しいポーチ、ロビー、中央図書館とコレクション室、小さな研究室、ダイニングルームが含まれていました。この全体的趣向は、芸術的な傑作としてほぼ完全に保存されています。ヴァン・デ・ヴェルデは、木製装具だけでなく、ストーブ、家具、キャスティング、ファブリックカバー、ランプ、床タイル、客室に調和のとれた雰囲気を与える装飾花瓶をデザインしました。

展示の焦点は、マックス・クリンガーが彫刻したニーチェの大理石出来た頭像と図書館です。病の哲学者ハンズ・オルデの肖像画が壁を飾り、エリーザベト・フェルスター ・ニーチェのガラス張りキャビネットには、文書類、写真および記念品がコレクションされています。前のダイニングルームの工房展では、家の歴史における多くの矛盾と、それが国家社会主義のニーチェを崇拝していた人達が果たした役割について書かれています。今日、この家は、コレグ・フリードリヒ・ニーチェ様々な主催イベントの会場としても使用されています。.

来館者情報

住所

Nietzsche Archive
Humboldtstraße 36
99425 Weimar

開放時間

329日~1024
火曜日から日曜日 | 午前11時~午後5時

料金

成人 3ユーロ | 割引き 2ユーロ | 中高生(16歳~20歳) 1ユーロ
16歳未満は無料

バリアフリー申し込み

連絡先

Visitor information of Klassik Stiftung Weimar
Frauentorstraße 4
99423 Weimar
電話: +49 (0) 3643-545-400
ファックス: +49 (0) 3643-41 98 16
電子メイル: info@klassik-stiftung.de

画像ギャラリー (7 枚の画像)

画像の拡大画面やスライドショーを見るには画像をクリックしてください。