Kochberg Park © Klassik Stiftung Weimar
Text
Map

公園の洞窟

公園の洞窟は、イルム河畔公園の下を通り抜けるトンネルの役割をしています。深さが12メートルあり、急な坂を下って歩いて行くとイルム川から伸び、そのままベルヴェデーレ大通りまで通じています。リストの家の近くの階段が斜面に通じ、人工の岩のアーチ道であるいわゆる「針の目」で終わります。

歴史

公園の洞窟の存在は、カール・アウグスト公爵が自分の醸造の穴蔵を作りたいと思ったことが由来です。イルム河畔公園の下に掘られたトンネルの長さ約500メートル、1794年から1796年までビール醸造所で使用される排水するのが目的でした。このトンネルは、醸造所建設計画が打ち切られた後、1797年から1815年の間に砂と砂利を採取するために使用されました。通路とトンネルの広く分岐したネットワークが開発されました。第二次世界大戦の終わりまで、システムの一部は低いトーチカを建設するために拡張されました。今日では、公園の洞窟博物館となっています。1992年から1999年まで、部分的に問題ないトンネルシステムと問題があるトンネルシステムへのアクセスを復元するための複雑な改修プロジェクトが行われました。20万年の人類の歴史の地下探検を体験するのチャンスを見学者に提供しています。

見学

公園を取り巻く洞窟は、川底にある岩のゆるやかな層と、イルム川の沖積堆積物の間を通り抜けて行きます。天井にある植物や動物の化石は、先史時代に湖があったことを証明しています。公園洞窟博物館での展覧会は、ワイマールのトラバーチンの地質学的研究の話を展示しています。これは1823年に、ヨハン・ヴォルフガング・ゲーテと息子のアウグストが書いた地質学的紹介の記述から始まっています。写真と歴史のレポートは、第二次世界大戦中の公園の洞窟の歴史をドキュメント化しています。講義室は様々なイベントに利用できます。地球との対話シリーズでは、音楽演奏や子供向けのストーリーテリングの夜、科学講義に使用されています。

来館者情報

住所

Park Cave
Eingang nahe Liszt-Haus und
Mensa der Bauhaus-Universität Weimar
99423 Weimar

開放時間

11日~328
火曜日を除く月曜日から日曜日| 午前10時~午後4時

329日~1024
火曜日を除く月曜日から日曜日| 午前10時~午後6時

1025日~1231
火曜日を除く月曜日から曜日| 午前10時~午後4時

料金

成人 4ユーロ | 割引き3ユーロ |中高生(16歳~20歳) 1ユーロ

バリアフリー申し込み

連絡先

Visitor information of Klassik Stiftung Weimar
Frauentorstraße 4
99423 Weimar
電話: +49 (0) 3643-545-400
ファックス: +49 (0) 3643-41 98 16
電子メイル: info@klassik-stiftung.de

画像ギャラリー (6 枚の画像)

画像の拡大画面やスライドショーを見るには画像をクリックしてください。