Park on the Ilm. Detail from »Grundriß von der Großherzogl.- Sächs. Residenzstadt Weimar, aufgenommen, berechnet und gezeichnet von J. V. Blaufuß«, 1818/22 © Klassik Stiftung Weimar
Text
Map

バウエルバッハ・シラー博物館

歴史

マイニンゲン近くにあるバウエルバッハの住宅は、フリードリヒ・シラーが、シュトゥットガルトから飛行して離れた後の避難所として提供しました。元仲間の学生の母親であるヘンリエット・フォン・ウォルゾゲンは、1782年12月7日から1783年7月24日まで、シラーに最上階にある三部屋を与えました。様々な研究やドラマチックなプロットともに、この場所が、シラーが「ドン・カルロス」の最初の草案を描き、後に「カベール・アンド・リーベ」と呼ばれる「ルイーズ・ミレーリン」に取り組み、1783年7月に書き終えた場所です。1847年までに、シラーが研究として使った部屋は、小さな個人記念館として既に見なされていました。1905年以来、ここはずっと一般公開されています。1934年、「バウアーバッハのシラー』財団が、私有の所有者から荘園の家を取得し、それを博物館に変えました。ワイマール古典財団が、1995年に完全復旧しました。

見学

家の正面最上階にある2つのいわゆる「ヴォルジゲンルーム」は、ビーダーマイヤー時代の家具と装飾を主に含んでいます。シラーの研究室には、ヴォロゾージェン家族が所有していたバロック様式の机と収納家具が置かれています。リビングと研究場所の家具は、シラーの家族や知人を想起させる近代的なインテリアと写真で補われています。2005年以来、歴史的建造物は、展覧会の本拠地です。シラーのシュツットガルトからの飛行とバウアーバッハの住居(1782年9月22日〜1783年7月24日)展覧会では、1780/82年頃のシラーの専門的な状況から出発し、ヴュルテンベルクから飛行した理由を明らかにし、テキストと画像で彼のルートを記録しています。シラーの人生と仕事の栄誉は、彼が、バウアーバッハに滞在した事と緊密な関係があった事を明らかにしています。

来館者情報

住所

Schiller Museum in Bauerbach
Friedrich-Schiller-Straße 1
(ehemals Hauptstraße 3)
98631 Grabfeld OT Bauerbach

開放時間

3月1日~1031
火曜日から金曜日 |午前13時~午後5時 
土、日曜日| 午前13時~午後5時

料金

成人 3ユーロ | 割引き 2ユーロ | 中高生(16歳~20歳) 1ユーロ
16歳未満は無料

バリアフリー申し込み

連絡先

Visitor information of Klassik Stiftung Weimar
Frauentorstraße 4
99423 Weimar
電話: +49 (0) 3643-545-400
ファックス: +49 (0) 3643-41 98 16
電子メイル: info@klassik-stiftung.de

画像ギャラリー (7 枚の画像)

画像の拡大画面やスライドショーを見るには画像をクリックしてください。