Ceiling in Rococo Hall of Duchess Anna Amalia Library © Klassik Stiftung Weimar
Text
Map

ヴィーラント・エステート(オスマンシュテット)

ワイマールの北東約10キロにあるオスマンシュテットにある2階建てのバロック様式の庄園は、ワイマール大臣ハインリッヒ・フォン・バナウ伯爵が1757年に建設したものです。アンナ・アマリア大公妃と彼女の息子が、1762から1775までの夏の宮廷としてこの土地を使用しました。大公の家族がオスマンシュテットに興味を失くした後、この場所は農民に買収されました。

クリストフ・マルティン・ヴィーラント

クリストフ・マルティン・ヴィーラント (1733-1813年)は18世紀に最も成功した作家の一人で、物語詩人、小説家、翻訳者、エディター、出版人、ジャーナリストとして高い評価を得ました。1797年に彼がオスマンシュテットの不動産を購入しました。ローマの詩人ホラティウスとキケロのように、彼と彼の大家族は「詩的な地主階級の人々」のように6年間ここに住んでいました。オスマンシュテットで、彼は彼は古い原稿を翻訳し、小説とノベルを書き、新聞を編集しながら、ヨハン・ヴォルフガング・ゲーテ、ヘルダーの家族、アンナ・アマリア大公妃等著名な人や、それから彼の初恋の相手ソフィー・ラ・ロシュ、ソフィ・ブレンタノや、兄弟クレメンス・ブレントノ、ジャン・ポールとハインリッヒ・フォン・クライスト等を家に招いていました。ヴィーラントがここで彼らを接待し多くの作品を作成させました。1803年、財政難によりクリストフ・マーティン・ヴィーランドは不動産を売却し、ワイマールに戻りました。

墓地

1813年に死去した後、彼の遺言により、深刻な病気の後わずか24歳でオスマンシュテットで死亡妻のソフィー・ブレンタノとアンナ・ドロテアが葬られている 庭園の一角の隣同に葬られました。三角の墓石には、彼と二人の夫人の出生と死亡時期だけではなく、彼の詩が刻まれています。愛と友情| この家族を受け入れ| 生命の魂 | と彼らの遺体に覆われる|この一つの墓石の下で

ヴィーラント博物館

ジャン・フィリップ・リームトスマは、ヴィーラントの研究員によって修復され、新しく建てられた博物館とこの土地が「ドイツの後期啓蒙主義のために象徴主義を唱えた場所」であると言いました。歴史的な室には、以前、ヴィーランドの財産であった家具や装飾が施されています。来館者は、ヴィーランドの生きていた時代を仮想的に見学し、詩人としての人生と仕事についての洞察を得ることが出来ます。18世紀の文化史と最新の研究成果に関連する詳細なテキストや画像が、「デジタルオスマニチウム(Digital Osmantinum)」で見ることが出来ます。

教育・研究センター

ワイマール・イエナ・アカデミーが、ワイマール古典財団に代わり、オスマンシュテットにあるヴィーランド・エステートにある教育センターを運営しています。文化セミナーの提供に加えて、一晩泊まれる宿泊施設と会議室があります。また、現在、歴史的に重要な、ヴィーランドの全集作品、「オスマンシュテット版(Ossmannstedt Edition)」を作成しているヴィーランド研究グループの本拠地でもあります。

来館者情報

住所

Wieland Estate in Ossmannstedt
Wielandstraße 16
99510 Oßmannstedt

開放時間

329日~1024
火曜日を除く月曜日~日曜日| 午前10時~午後6時

料金

成人4ユーロ|割引き3ユーロ| 中高生 (16歳~20歳 ) 1ユーロ
16歳未満は無料
音声ガイドを含む

ハンディーキャップ情報

バリアフリー申し込み

連絡先

Visitor information of Klassik Stiftung Weimar
Frauentorstraße 4
99423 Weimar
電話: +49 (0) 3643-545-400
ファックス: +49 (0) 3643-41 98 16
電子メイル: info@klassik-stiftung.de

画像ギャラリー (11 枚の画像)

画像の拡大画面やスライドショーを見るには画像をクリックしてください。